肩こりと枕の関係

肩こりにならないための枕の高さ


肩こりの原因にはさまざまありますが、意外と見落としてしまうのが枕です。特に枕の高さは肩こりに直接影響を与えると言われています。もし朝起きて肩こりを感じるようなら、まず枕をチェックしてみましょう。枕の場合肩こりに直結する部分は、枕の硬さ、通気性、大きさ、そして高さがあります。特に高い枕や低い枕は肩こりの原因になりやすいとのこと。そこで肩こりの起こらない枕の高さについて考えてみましょう。

高い枕は意外と気持ち良いと感じるものです。しかしそれは体に無理がないということではなく、首の後を伸ばしていることになるので、疲れた1日の首の疲れをストレッチしているようなものなのです。そのため寝るときはもしかするととても気持ち良く感じる可能性もあります。しかし長時間寝ているとそれは無理がかかるので、知らないうちに毎日とてもつらい負担を感じており、起きたときに肩こりを感じるようになってしまうのです。

では逆に低すぎる枕はどうなのでしょう。低いと顎が上がる形で寝ることになります。首は不安定で筋肉はとても緊張した状態が長時間続くことになります。緊張は当然肩こりの原因にもなるため、決して良いとは言えません。また眠りが浅くなる原因の一つと言われているので注意しましょう。

ではどのような高さの枕がいいのかというと、まず自然に立っているときの首から肩へのカーブと、寝たときのカーブが同じが良いと言われています。ただし、枕の高さを何pと示すには個人差があるので、確実なことはなかなか言えません。

しかし一般的には細身の人で2.3〜3p、標準型タイプの人で3〜4p、太っている人は4〜5pです。次に横向きに寝てみます。おでこの中央、鼻筋、口の中央、バストの中央と1直線が布団と平行になっているかをチェックしましょう。鏡でチェックするか、お店の人などにチェックしてもらうといいのではないでしょうか。このように枕の高さも肩こりに直結するので注意しましょう。

肩こりにならない枕は低反発?高反発?


最近は本当に便利な素材がたくさん出回るようになり、枕にも高反発枕低反発枕などがあります。肩こりを起こしやすい人にとってどちらがおすすめなのか。この二つにはどのような特徴があるのでしょう。まず二つの違いから考えてみると、実は跳ね返す反発力の違いだけなのです。強い反発があるのは高反発枕。頭を置くと沈んだまま、なかなか戻らないものが低反発枕ということになります。

はっきり言って枕としてはどちらも魅力があります。低反発枕といってもNASAが開発に協力したことでも知られているテンピュールの枕は、ちょっとその辺の低反発枕とは違います。頭を乗せると頭の重さだけジュワーッと頭を包み込みながら落ちていきます。頭を外しても元に戻るのにはとても時間がかかります。しかし頭の形に沈むので包み込まれるようなイメージで、寝付きが良いと言われています。また高反発枕は低反発枕よりは硬さがあるウレタン素材。質の高いウレタン素材は、しっかり首を支えてくれる魅力があります。

ではこの魅力ある二つのタイプの枕で、肩こりの面ではどちらがおすすめなのでしょう。わたしたちは一晩に約20〜30回の寝返りをすると言われており、ここが肩こり予防のポイントになります。寝返りをしてしまうと低反発ではなかなか前の形が元に戻らず新しく動いたところと、その前の部分の両方が落ち込んでしまいます。もちろん時間とともにまた前の部分は戻りますが、やはり戻るまでは肩が緊張する可能性も。

逆に高反発枕の方は、動くたびに首や頭、肩を支え直してくれます。つまり寝返りをうっても、そのたびに即新しい体勢をしっかり支えることになります。これは肩こりやすい人にとっては絶対におすすめです。逆に肩こりはあまり起こらない人で、寝付きが悪い人には逆に低反発タイプの方がおすすめとも言えます。このように基本的に肩こりが気になる人は、高反発枕の方が基本的にはあっていると言えそうです。多くの肩こりに悩む人が、高反発枕に変えて良かったと感じている人も多いとのこと。

肩こりに枕なしはどうなの?


寝ているうちに肩こりが起こってしまう人の場合、ほとんど寝る環境に問題が潜んでいます。特に布団や枕には注意が必要と言われていますが、体に合った枕を探すのはとても大変。そこで枕なしで寝るというのはどうなのでしょう。タオルを畳んで薄枕のようにして眠っている人もいるようですが、実際に枕なしは睡眠中の肩こりには良いのでしょうか。

枕は良い悪いという問題以外に、慣れている慣れていないという問題があります。肩こりに良くない枕であっても、慣れている方が寝やすいというのは当然のことなのです。逆にいくら良い枕であっても慣れなければ落ち着かないという場合もあります。しかし本当に自分にフィットした枕は慣れていなくても、ぐっすり眠れるものなのです。つまり本当に自分にあった枕を選ぶことはとても重要だということになります。

そういう意味では枕なしで寝ている人が枕をすると、最初のうちはとても落ち着かないかも知れませんが、合っている枕ならきっと落ち着いて眠れるようになります。猫背の人は少し低めの枕の方が、肩こりが起こりにくいと言われています。このように人それぞれの特徴もあるので、とにかく自分にあった枕を探すことが重要です。枕なしはいくら慣れていて落ち着くといってもおすすめ出来ません。できるだけ早く自分に合った枕を選ぶようにしましょう。

枕選びには幾つかの方法があります。肩こりに良いと言われている枕を購入していくと、いくつも購入するうちに自分にぴったりあった枕に当たるかも知れません。しかし枕と一言で言っても、高価なものもたくさんあります。そのため良いと言われている枕をどんどん買うことは不可能です。そこで寝具枕専用ショップで試してみましょう。そしてプロの店員さんに相談して、自分にあった枕を選んでもらうことも一つの方法です。枕専門店の店員さんなら、選び方も身に付けているので、きちんと合った枕を選んでくれます。自分で闇雲に購入するより、プロに頼ってみることも考えてみましょう。

肩こりを予防するおすすめの枕


肩こりの原因の中には枕のトラブルが結構あります。一番リラックスすべき睡眠中にも肩や首に負担を与えてしまうことも。そのため理想の枕というものがあります。もちろん身長や体重などによっても違うので、あとは自分に合った枕を探すことも大切です。

枕というと素材もとても重要で、やはり通気性の悪いものは眠りを妨げ、緊張にもつながります。また抜け毛などにも影響があるため、素材も良いものを選ぶことが重要ではないでしょうか。高さ、硬さ、大きさはやはり個人差もあるので自分の好みも大切です。枕の中身の素材には低反発、高反発、ポリエステル、羽毛、パンヤ、そばがら、ビーズ、凝る魔、パイプストロー、檜などがあります。


リラ!まくら(ChungHuaWangJia)
「肩こり・首こり」に悩む人向けに開発された肩こり・首こりケア専用枕です。オリジナルの形状で枕である「リラ!まくら」を使用することで、首や肩の筋肉をリラックスさせることを目指しています。その形状は、首や肩の筋肉に負担がかからないように圧力を分散させる形状に設計されており、これが「リラ!まくら」の最大の特徴で睡眠中に筋肉を休ませ、快適に睡眠がとれるように研究、開発された枕です。

価格:19800円(定価24800円)

肩こり首こりケア専用枕 リラ!まくら



ストレートネック枕(セルフケアスタジオ)
大学の教授陣や研究チームが医科学の視点で独自開発した『ストレートネック矯正枕』+『矯正メソッド』という、これまでにないコラボレーション。全く新しい矯正メソッドが誕生しました!いま多くの著名な整形外科医がストレートネックに緊急警告!ただ寝るだけではない、枕を使ったエクササイズで、そのストレートネックを無理なくぶり返すことなく矯正します。睡眠の質が高まると共に筋肉の緊張、力を抜く訓練も出来る枕です。

価格:24800円(定価24800円)

肩こり、首こり、猫背に。まったく新しい【ストレートネック枕】



六角脳枕(イッティ)
アスリートも支持している「六角脳枕」は低反発マイクロウエーブ素材によって、通気性肌触りが良く、高さの調整がしやすく、寝返りのときも首への負担がとても少ないことでも人気があります。何十回も寝返りを打つ中で、寝返りのときの負担は悪影響を与えます。気持よく眠れるだけでなく、朝起きたときに体の緊張がなくとても良い状態で目覚めることができる枕と言われているのです。

価格:18900円(定価21000円)

超熟睡できるヒンヤリ六角脳枕



スリープドクターズピロー(イッティ)
「朝日新聞」にも掲載された注目のキングサイズ枕で特徴のある形は肩まで包み込むように肩や首をサポートします。キングサイズであっても自分の頭の大きさにフィットするので、寝返りもスムーズ。質の高い睡眠が期待できます。通気性や消臭機能も高く、どの季節にもおすすめ。頭から背中が一体となったレイヤーフィット構造となっているので2つの枕が合体したような枕です。

価格:特別価格29,800円


睡眠の専門家も絶賛!【スリーパードクターズピロー】



そのほかにも様々な肩こり解消などを目的とした枕が沢山ありますのでいくつかご紹介していきたいと思います。

頚椎・首・頭をやさしく支える健康枕 エクストラモデル 」は浪越指圧アソシエイツと京都西川が共同開発で指圧のプロと寝具のプロが共同して作り上げた枕は、やはりしっかり体を考えた構造になっています。2〜5個までのまとめ買いでますますお得に。価格:楽天では9,980円(税抜)


同じ京都西川から発売の「頚椎支持型 高さ自在枕」も人気です。高さが自分に合わせられることから、失敗のない枕としても人気です。またプレゼントなどにもぴったりの肩こり予防にも高い効果の枕です。価格:楽天価格では5,000円(税抜)

Adokoo 人間工学設計 頸椎 首 頭を支える健康枕 低反発ピロー」も人気があります。呼吸が楽、いびき防止、寝返り、頸椎サポート安眠枕 、洗えて通気性も良くへっこみ型の立体フォルムが、理想的な仰向けにフィットします。また横向きにもとても楽に移動することができる気持のよい枕です。もちろん人間工学を基本に考えられているので、肩こりになりやすい人にもおすすめです。価格:Amazonでは5,480円(税抜)

ムアツ布団と言えば西川ですが、枕も「ムアツ枕 ベーシック MP5000」(昭和西川)」が人気です。ムアツ布団の凸凹のプロファイルウレタンが、頭や首、肩を点で支えてくれます。そのためその人に合った支え方が実現。ムアツ布団と一緒に是非おすすめです。
価格:楽天では5,378円(税込)

勝野式 横寝枕 横寝の姿勢を自然に支える健康枕」は、抱き枕と枕が一体化。いつも何かを抱きしめていないと不安な人におすすめです。横寝を自然に支え、安心してリラックスできる枕です。睡眠時の無呼吸症候群を回避することができる枕としても人気があります。細かくチップ化した低反発ウレタンなので、熱を逃し快適に眠ることができるのです。
価格:Amazonで5,184円(税抜)


強力磁気入り 健康枕 ニュー磁気まくら」は強力な磁気が入っているので寝ながら肩こりの磁気治療が行えるという枕です。100ミリテスラの磁石が作用する、強力磁気枕。眠っている時間に血行が高まり、肩の筋肉も和らぎます。
価格:Amazonでは参考価格4,298円

メディカル枕」はイタリア、ファベ社から発売。重度の肩こりでも使っているうちに、どんどん良くなるという肩こり改善枕。頭部は枕の中央のウレタンフォームの芯のへこみ部分で、支えられます。弾力性の高いウレタンフォームは、それぞれの人の頭の高さにコントロールされるのです。そして首筋から肩の部分にかけてのへこみ部分が、負担を掛けないように人間工学によって設計されています。イタリアでは癌研究病院やさまざまな大病院でも使用されている、メディカル枕なのです。
価格:希望価格9,800円(税抜)


根本治療で2度と肩こりの痛みを再発させない「中川式肩こり治療法」